マヤラン

マヤラン(ラン科)[摩耶蘭]

名は、最初の発見地である神戸市の摩耶山にちなむ。
常緑広葉樹林下に生える多年性の地生ランで、花茎の高さ10-30cmになる菌従属栄養植物。絶滅危惧Ⅱ類(VU)だが都市部の手入れのよい公園によく出現する。三浦半島では7月に開花して一度地上部が枯れ、9月に再び花茎を伸ばして咲く。
根茎は白色、多肉で長く、地中で繰り返し分枝し、鱗片がある。
根茎の先端から花茎を直立し、2-6個の花をまばらにつける。花茎下部に長さ1-1.5cmで基部が短い鞘となる膜質の鱗片葉が数個あり、普通葉はない。
花は白地に紅紫色の模様が入る。苞は膜質で長さ0.5-1cmの広披針形で鋭くとがる。萼片は長さ2cm、幅3-4mmの倒披針形でとがる。側花弁は萼片より少し短い狭長楕円形。唇弁は長さ約1.5cmの長楕円形で蕊柱の基部についてわずかに3裂し、中央裂片は3角形で外に巻き、縁は細波状で先はとがる。距は発達しない。蕊柱は長さ0.8-1cmで半円錐状。先端に2室の葯をつける。
果実は長楕円形の蒴果。
サガミランは関東南部に分布し、花色が緑を帯びた乳白色で紫色を帯びない。
花期:6-10月
分布:本(関東以西)・四・九・沖
撮影:2017.9.7 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。