メドハギ

メドハギ(マメ科)[蓍萩]

茎を占いの筮〈めどき〉に使ったのでこの名がついた。筮はのちに竹で作られるようになった。山野の日当たりのよい道端や草地に生え、高さ0.6-1mになる多年草。茎はやや木質化して、葉はくさび形~倒披針形の3小葉で茎に密につく。葉腋から長さ6-7mmの淡黄色の花を数個ずつつける。旗弁には紅紫色の斑点がある。茎が地をはう型をハイメドハギといい、小葉は長卵形でメドハギより幅広い。
花期:8-10月
分布:日本全土
撮影:2005.9.23 青森県八戸市

ハイメドハギに戻る ネコハギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。