メヒシバ

メヒシバ(イネ科)[雌日芝]

名の「日芝」は夏の強い日差しの下でも盛んに茂ることからついたもので「雌」はオヒシバに比べ穂や茎が細く全体に優しい感じがすることによる。オヒシバが踏みつけの強いところによく生えるのに対し、本種は踏みつけの少ないところに多い。
茎は粗い毛があって長く地をはい、上部は分枝して高さ30-90cmになる1年草。茎の節から根を下ろすので除去しにくい畑地雑草で、空き地や道端などにも普通に生える。
葉は薄くて軟らかく、長さ10-20cm、幅0.5-1.5cmの線状披針形。縁に鋭い鋸歯があり、基部の葉鞘の上端に長い毛がまばらに生える。
茎の先で掌状に3-8個の花序の軸を出し、軸は長さ5-15cm、幅1mm程度で微細な鋸歯があってざらつき、小穂が片側に2列に並ぶ。小穂は淡緑色~帯紫色で短毛があり、長さ2.5-3mmの披針形でとがる。2個の小花からなるが、1個は退化して護穎だけになっている。有柄の小穂とほぼ無柄の小穂が対になってつく。第1包穎は3角形でごく小さい。護穎は広披針形で大きい。芒はない。
よく似たアキメヒシバやコメヒシバは花序の軸がざらつかない。
花期:7-11月
分布:日本全土
撮影:2010.8.28 岩手県八幡平市

オヒシバに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。