ミドリハコベ

ミドリハコベ(ナデシコ科)[緑繁縷・緑蘩蔞・緑蘩縷]

名は、帰化種のコハコベに比べて茎が緑色なのでついたものか。区別ぜずどちらも「ハコベ」とよぶことが多い。YListでもどちらも別名を「ハコベ」としている。
日本中いたるところに生える1~2年草。茎も葉も軟らかく、茎は緑色で片側だけに1列に並ぶ短い軟毛があって、下部からよく枝を分けて立ち上がり高さ10-20cmになる。
葉は明るい緑色で対生し、茎の下部のものには柄があるが上部のものにはなく、長さ2-3cm、幅0.6-2cmの広卵形~長卵形で全縁、基部は円形~広いくさび形、先は鋭尖頭~鋭頭、両面とも無毛。
枝先に集散花序をつくり、直径6-7mmの花をつける。苞は小型で葉状。萼片は5個、長さ3-4mmの狭長楕円形で先は鈍くとがり、外面に腺毛がある。花弁は5個、白色で、基部近くまでV字状に2深裂し、萼より短いかまたは同長。雄しべは5-10個。花柱は3個。花が終わると花柄は下を向くが、果実が熟すと再び上を向く。
果実は長楕円形の蒴果で熟すと6裂して種子をこぼす。種子は黄褐色、直径約1.5mmのやや扁平な腎円形でとがったいぼ状突起がある。種子に種沈はない。
帰化種のコハコベは茎は暗紫色を帯びて地をはうように広がり、葉は少し小さく、雄しべは少なく2-7個、種子は直径1-1.2mmでいぼ状突起は低く目立たない。
普通は葉の大きさや茎の色などでおおむね見分けられるが、交雑したのかどちらともつかないような個体も多く、その場合は種子の突起を見て判断するしかない。
よく似ているウシハコベは全体に大きく、高さ20-50cmになり、雌しべの花柱が5個ある(ハコベは3個)ことで見分けることができる。
ハコベは昔から春の七草の一つとして昔から七種粥に入れるなどして食べられてきた。どんなものかと試しにおひたしにして食べてみたことがあるが、青臭くほこりっぽい味がしておいしいとは思えなかった。
江戸時代には炒った緑色の粉と塩を混ぜてハコベ塩を作り、歯槽膿漏や歯茎の出血の予防のための歯磨き粉とした。利尿、催乳などの作用もあるといわれてきたが効果は分からない。
花期:3-9月(ほぼ1年中)
分布:日本全土
撮影:2017.4.10 神奈川県横須賀市
ミドリハコベの花
9個の雄しべが見える。柱頭は3個。萼片の外面に毛が多い。 2017.4.10 神奈川県横須賀市

ノミノフスマに戻る コハコベに戻る ウシハコベに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。