ミミガタテンナンショウ

ミミガタテンナンショウ(サトイモ科)[耳形天南星]

名は、仏炎苞の口辺部が耳たぶ状に広く張り出していることからついたもの。
山野のやや明るい肥沃な林内、林縁に生える雌雄異株の多年草で、高さ30-80cmになる。岩手県から大分県まで、関東を中心に隔離分布する。
地下に扁球形の球茎があり、偽茎部(葉柄)には紫色の蛇紋がある。
葉は2個で鳥足状、小葉は7-11個あり、楕円形~披針形で縁は波打ち、先はとがる。葉は開花より遅れて展開し、花よりも丈が低いが、花後に伸びて全体に大きくなる。
仏炎苞は内側に光沢があり、長さ10-15cm、筒部は淡緑色の地に褐紫色のぼかしが入る。舷部は卵形で暗褐紫色、先はとがる。口辺部は幅0.8-1.5cmの耳たぶ状に開出する。花被はなく、肉穂花序には雄花は雄しべだけが、雌花は雌しべだけがつく。花序の付属体は淡緑色で直径0.3-1cmの棒状~棍棒状で仏炎苞より外に出る。
果実は卵球形の液果で、トウモロコシに似て果軸にびっしりとつき、朱赤色に熟す。中に少数の球形の種子がある。
球茎や果実は有毒で、中毒例も多数あるので、子供が口にしないよう注意が必要。
本種のほかテンナンショウ属の植物は、雌雄は地下の球茎の成長具合によって決まることが知られている。小さい株は無性株で、ある程度大きくなると雄株に、さらに大きくなると雌株になり、一度雌株になっても、栄養状態が悪くなると雄株に戻るのだという。雄株もまた状態によって無性株に戻るらしい。見たことはないが、同一花序に雄花と雌花が並存する株もあるという。
花期:3-5月
分布:本(岩手県以南、関東、山梨県、兵庫県)・四(南西部)・九(大分県)
撮影:2008.4.28 山梨県都留市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。