ミチヤナギ

ミチヤナギ(タデ科)[道柳]

名は道端に生え、ヤナギに似た葉を持つことからついたもの。別名ニワヤナギという。
空き地や道端、河川敷など硬い土壌のところに普通に生える1年草で、高さ10-40cmになる。茎は木質化して細い縦筋が多く節が膨れる。踏みつけにはかなり強く、踏みつけの度合いによって茎の高さが変化する。茎の下部で分枝し、斜上または地をはって低く広がる。
葉は互生し、長さ1.5-4cm、幅0.5-1cmの線状長楕円形~卵形まで変化があり全縁。先は鈍形または鋭形で基部はくさび形でほぼ無柄。白色を帯びた緑色で無毛、裏面に脈が隆起する。上部の葉は小さくなる。托葉鞘は膜質、白色で、2深裂しさらに細かく切れ込む。
上部の葉腋に直径3-4mmの緑白色の花を1-5個束生する。タデ科なので花弁はない。萼は5中裂し、裂片は先が鈍い長さ2.5-3mmの楕円形、緑色で縁が白色または紅色を帯びる。雄しべは8個で花糸は扁平な3角形。花柱は3。
果実は等しい3稜のある黒褐色の痩果で萼に包まれる。長さ約3mmの卵形で萼より短いか同長、表面に細突起があって鈍い光沢がある。
茎が常に直立し、葉が大きくて広く、幅が1-3cmのものをオオミチヤナギというがYListでは別名としてあり、区別していない。
よく似て地をはうものにハイミチヤナギ、海岸に生えるものにアキノミチヤナギがある。
花期:5-10月
分布:日本全土
撮影:2002.9.29 青森県八戸市

ハイミチヤナギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。