ミツバアケビ

ミツバアケビ(アケビ科)[三葉木通・三葉通草]

雌雄同株の落葉つる性木本で、ときに葉は越冬することもある。属名Akebiaは和名に由来し、和名は、果実が口を開くから「開け実」、果実の色から「朱実」、果実が口を開いた様子が「あくび」に似ているからなど諸説あり、ミツバは小葉が3個あることから。北東北ではアケビといえば本種を指す。
山野に普通に生え、植栽されることもある。樹皮は灰黒褐色で円形の皮目がある。
葉は互生し、長さ2-14cmの長い柄がある3出複葉で、古いつるでは短枝に集まってつく。小葉は無毛で長さ3-10cmの卵形~広卵形で先はわずかにへこみ微突起があり、基部は広いくさび形~浅い心形。縁に大きな波状の鋸歯がある。
葉腋に総状花序が斜めに下垂し、濃紫色~暗紫色の花をつける。花弁はなく、花弁状の萼片が3個ある。花序の先の方に10数個の雄花がつき、基部に1-3個の雌花がつく。雄花は直径4-5mmで雄しべは6個。雌花は直径約1.5cmで円柱形の雌しべが3-6個ある。花柄は長さ2-4cm。
果実は長さ約10cmの長楕円形の液果で紫色を帯びて熟し、縦に裂開する。果実はアケビより大きく、食べられる。種子は黒褐色。
同属のアケビは小葉が5個あるので簡単に区別できる。
どちらも山菜として利用され、春の伸び始めたつるは、軽い苦みが絶妙でお浸しや和え物にする。秋の果実は、果肉は生食、果皮は天ぷらなどにする。また、薬用としては鎮痛や利尿に効果がある。細いつるはアケビ細工に利用する。
アケビとミツバアケビの自然交雑種をゴヨウアケビといい、小葉は5個または3個あって縁に波状の粗い鋸歯がある。花はミツバアケビよりやや薄い暗紫色。果実はできない。
花期:4-5月
分布:北・本・四・九
撮影:2017.4.14 横浜市栄区
ミツバアケビ-2
2003.5.25 青森市

ミツバアケビの果実
2005.10.2 秋田県大館市

アケビに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。