ミツバ

ミツバ(セリ科)[三葉]

小葉が3個あることからこの名がある。別名ミツバゼリという。
山野の湿り気のある林内に生え、茎は直立し上部で枝を分け、高さ30-80cmになる全体無毛の多年草。
葉は質が薄く3出複葉で互生し、小葉は無柄、長さ3-10cm、幅1-6cmの卵形~狭卵形でとがり重鋸歯がある。根生葉や下部の葉には長い柄がある。花序の葉は披針形で小さい。
枝先から小さな複散形花序をまばらに出し、直径2-3mmの小さな白い5弁花を1-4個つける。花柄は長さが不揃いで傘形の花序にならない。花弁は楕円状卵形で先はやや内側に曲がる。雄しべは5個、柱頭は2個。小総苞片は線形で短い。
果実は長さ4-5mmの長楕円形の2分果。種子は1個ずつ入っている。
香りがよいので野菜として広く栽培され、葉と葉柄を利用する。山で採ったものは栽培されたものより硬いが、香りは強い。
よく似ていて食用にならないウマノミツバは3全裂するが側小葉がさらに2深裂して5小葉に見えるものが多く、表面にしわが目立つ。
花期:6-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2016.7.1 神奈川県逗子市
ミツバ(花)
ミツバの花。よく見るとなかなかかわいい。

ウマノミツバに戻る セリに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。