ミツバツチグリ

ミツバツチグリ(バラ科)[三葉土栗]

名は、西日本に多いツチグリに似て葉が3小葉という意味の名。
山野の日当たりのよいところに生える多年草で、丈は20cmほど。ツチグリと同じく地下に肥大した根茎があるが、ツチグリと違って食べられない。キジムシロ属とヘビイチゴ属は花が黄色で形もよく似ているので区別がつきにくい。キジムシロの小葉は5-9個あり、ミツバツチグリは3小葉。オヘビイチゴは5小葉で茎の上部では3小葉となる。ヘビイチゴは3小葉で葉腋から長い柄を出して花を1個つける。
花期:4-5月
分布:日本全土
撮影:2004.5.7 群馬県黒保根村

キジムシロに戻る ツルキンバイに戻る エチゴキジムシロに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。