ミツバツチグリ

ミツバツチグリ(バラ科)[三葉土栗]

名は、ツチグリに似ているが葉が3小葉であることからついたもの。
低地~山地の日当たりのよいところに生える普通に生える多年草で、高さ15-30cmになる。ツチグリと同じく地下に肥大した根茎があるが、ツチグリと違って硬くて食べられない。根茎から根生葉と花茎状の茎を立ち上げ、花後に匐枝を横に出して栄養繁殖する。
葉は長い柄がある3小葉からなり、小葉は長さ1.5-4cm、幅0.8-2cmの長楕円形~卵形で鈍頭、縁に鋸歯がある。裏面に緑色で、匐枝につく葉は根生葉より小さい。葉柄の基部に切れ込みのある托葉がつく。
茎にの先に黄色で直径1-1.8cmの花を集散状につける。花茎には苞がつく。萼は5深裂し萼片は広披針形、副萼片は5個で同形だがやや小さい。花弁は5個、萼片や副萼片より長い倒卵形で先はへこむ。雄しべ、雌しべは多数。花床は円錐形で有毛、花後に膨らまない。
果実は褐色を帯びた白色で平滑な痩果で、花柱は太く短い。
ツチグリは九州など西日本に多く、3-7小葉で裏面に白毛が密生し、根茎はクリの味がして食べられ、匐枝は出さない。
見かけがよく似たツルキンバイは、同じく3小葉、まれに5小葉。小葉は菱形で鋸歯がミツバツチグリより鋭くとがる。キジムシロは羽状複葉で小葉は5-9個(2-4対)ある。オヘビイチゴは5小葉で茎の上部では3小葉となる。ヘビイチゴヤブヘビイチゴは3小葉で葉腋から長い柄を出して花を1個つける。
花期:4-5月
分布:日本全土
撮影:2017.4.25 神奈川県横須賀市
ミツバツチグリ-2
葉は3小葉。鋸歯は粗い。 2016.4.19 横浜市中区

ミツバツチグリ-3
花が集散状につくのでヘビイチゴと間違うことはないが、萼片や副萼は小さく、上からあまり見えない。
2016.4.19 横浜市中区

キジムシロに戻る ツルキンバイに戻る エチゴキジムシロに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。