ミツバコンロンソウ

ミツバコンロンソウ(アブラナ科)[三葉崑崙草]

名は、コンロンソウに似ていて、小葉が3個であることからついたもの。コンロンソウのコンロンの由来は不明(コンロンソウ参照)。
山地のやや湿った林内に生え、直立して高さ10-20cmになる多年草。茎は赤みを帯び無毛で稜がある。
根生葉はなく、茎葉は互生して下部の葉は小さく、上部の葉は3出複葉。小葉は長さ1-4cmの卵状披針形~披針形で深く粗い鋸歯があり、表面に短毛が生える。
茎頂に短い総状花序を出し、直径1-2cmの白色の花を少数つける。
蕾の時期は花柄が横~下向きで、開花時に上を向いてくる。花弁、萼片は4個、雄しべは6個、雌しべは1個ある。花弁は長さ0.8-1cmで先は鈍形、萼片は長さ4-5mmで赤褐色を帯びる。葯は紫色。
果実は長さ3.5cmほどの線形の長角果で無毛。
希少というほどではないが、どこにでもあるというものでもない。あっても小さくて目立たないので見逃している可能性はある。
1個だけ花がついている株は、一見キンポウゲ科のヒメイチゲに見えるが、生育環境も異なり、アブラナ科特有の4弁花なので見分けることができる。
他のタネツケバナ属とは、葉が羽状複葉にならず3小葉であることでほぼ区別できる。
花期:4-5月
分布:本(関東以西)・四・九
撮影:2008.4.28 山梨県大月市
ミツバコンロンソウ-2
茎や萼片は赤みを帯びる。蕾はうなだれている。

ミツバコンロンソウ-3
葉は3出複葉(小葉が3個)。葉のは先が円いものも多い。

コンロンソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。