ミヤマナルコユリ

ミヤマナルコユリ(キジカクシ科)[深山鳴子百合]

名は深山に生えるナルコユリの意だが、ナルコユリに比べて格別、人里離れたところに生えるということはない。
山野の林内に生える多年草。根茎は白色多肉で肥厚し、数珠状に連なる。茎は稜(筋)があり、下部は紫色を帯びて直立し上部で弓状に曲がり、長さは30-60cmと小さい。
葉は短い柄があって互生し、長さ6-11cm、幅3-4.5cmの長楕円形~広卵形で全縁でやや波打ち、先は鈍くとがり基部は円形。両面とも無毛で表面は緑色、裏面は粉白色を帯びる。
花序柄は無毛、長さ0.7-3.2cmで葉腋から葉に沿って斜上し、ふつう2-3分枝して先端に白い花をぶら下げる。苞はない。花被片は6個で長さ1.5-2.5cmで白色。先を除いて合着し筒状、先は緑色を帯びて反り返らず、先に小突起がある。内面は有毛。雄しべは6個、花糸は中部まで花被に合生し、花糸離生部は円柱形で白色軟毛が密生する。葯は長さ3-4mm。子房は上位で3室、花柱は無毛で柱頭はごく浅く3裂する。
果実は直径0.8-1.2cmで紫黒色の液果。種子は長さ約2mm。
対馬に産するチョウセンナルコユリは、花が大きくて1花序の花数が1-2個と少なく、花糸上部が無毛。ナルコユリとの自然交雑種をタマナルコユリという。
ナルコユリやアマドコロは、花が茎の下できれいに整列しているが、ミヤマナルコユリは、葉に沿って左右に振り分けられるので区別できる。
花期:5-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.6.25 秋田県にかほ市
ミヤマナルコユリ-2
葉が広卵形で花が葉の上に乗るようについていたもの。 2018.4.27 川崎市多摩区

ミヤマナルコユリの花
花被片は先を除き合着して筒状。先は緑色を帯び、反り返らない。 2019.5.9 川崎市多摩区

ミヤマナルコユリの果実
果実は紫黒色に熟す。 2014.10.24 横浜市栄区

ナルコユリに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。