ミヤマウメモドキ

ミヤマウメモドキ(モチノキ科)[深山梅擬]

日当たりのよい湿地にまれに生える雌雄異株の落葉低木で、高さ2-3mになる。葉は倒披針形で先は短くとがり、縁に鋭い鋸歯がある。本年枝の葉腋に直径3-4mmの白色の4-5弁花をつける。果実は直径6mmほどの球形で秋に赤熟する。ウメモドキに似ているが、ウメモドキより葉が細く、別名ホソバウメモドキという。
花期:5-6月
分布:本(東北~中国の日本海側)
撮影:2003.6.22 青森県西部
ミヤマウメモドキの果実
ミヤマウメモドキの果実(核果) 2006.9.24 秋田県中部


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。