ミヤマウズラ

ミヤマウズラ(ラン科)[深山鶉]

名は葉に網目状の白斑をウズラにたとえたもの。
山地の広葉樹林内に生える地生の多年草。茎は緑白色で横にはい、先は直立して高さ10-25cmになる。茎には縮毛が密生する。
葉は常緑で数個が基部に集まって互生し、長さ2-4cm、幅1-2.5cmの広卵形~披針形で鋭頭、表面は暗緑色の地に網目状の白斑があり、裏面は淡緑色。この模様をウズラの卵の模様に見立ててこの名がついた。
白色~淡紅色で汚れた感じの花を茎の一方側に偏って5-10個総状につける。苞は長さ0.5-1.2cmの披針形。花は長さ0.6-1.2cmで萼片と側花弁でかぶとを作る。萼片は長さ1-1.2cmの狭卵形で鈍頭、花序、子房とともに縮毛がある。側花弁は広倒披針形、萼片より少し長く先端の内側に黄褐色の小斑がある。唇弁は舌状で内側に密毛があり、萼片と同長、基部は袋状に膨れる。蕊柱は少し湾曲する。葯は卵形。花粉塊は2個、黄色でそれぞれが2裂する。
葉に白斑がないものをフナシミヤマウズラという。ヒメミヤマウズラは亜高山の針葉樹林下に生え、花が小型で長さ4-7mm。唇弁の内側は無毛。
花期:8-9月
分布:北・本・四・九(奄美大島まで)
撮影:2005.8.27 秋田県大館市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。