ミヤマヤブタバコ

ミヤマヤブタバコ(キク科)[深山藪煙草]

ヤブタバコに似て、山地に生えるのでこの名がある。別名ガンクビヤブタバコという。
山地の林縁や草地に生え、全体に短毛が多く、茎の下部には開出する粗い毛が密生、直立して高さ0.4-1mになる多年草。
葉は互生し両面に粗い毛が生える。根生葉は花時には枯れていることが多い。下部の葉は葉柄も含めて長さ13-20cm、幅3-5cmの卵状長楕円形。縁に不揃いの鋸歯があり、先はとがり基部は急に細くなり翼のある葉柄に流れる。中部以上の葉は線状披針形で先がとがる。
枝先に長さ5-6mm、直径0.6-1cmの鐘形で黄色の頭花を下向きにつける。総苞の直下に反り返った線形の苞葉が多数つくのがよい特徴。総苞片は全て同長で外片は緑色、内片は先がとがり乾膜質。頭花は縁の雌花と中心の両性花からなる。
果実は長さ3.5mmの円柱形で無毛の痩果。冠毛はない。
ノッポロガンクビソウはよく似ているが、下部の葉の葉柄に翼がないことで区別できる。 ガンクビソウも葉柄に翼はなく、下部の葉は卵形で基部はときにやや心形となる。総苞外片は短い。コバナガンクビソウは本州近畿以西、九州にややまれに分布し、頭花は小さく、長さ4mm、直径4-5mm。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.8.1 岩手県山形村

ノッポロガンクビソウに戻る ガンクビソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。