ミズ

ミズ(イラクサ科)[水]

低山の湿ったところに生え、高さ15-30cmになる多汁で軟弱な1年草。ウワバミソウもミズとよばれるが別物。
茎は無毛で直立し、紫褐色を帯びてよく分枝する。
葉は長い柄があり対生する。長さ2-5cmの卵状菱形で、5対ほどの低い鋸歯があり、先はとがらず長く伸びない。
葉腋に雌雄混合で小さな花をつける。花序の枝は短い。雄花は花被片と雄しべが2個ある。雌花は花被片が3個あり、うち1-2個が果実と同長かやや長い。
果実は長さ1.8-2mmの広卵形の痩果。
アオミズとよく似ているが、茎が紫褐色を帯びること、葉の先が尾状にならず鋸歯の先もとがらないことなどの点で見分けることができる。
花期:7-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.9.20 岩手県一関市
ミズ-2
2015.9.26 横浜市戸塚区

アオミズに戻る ウワバミソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。