ミズタビラコ

ミズタビラコ(ムラサキ科)[水田平子]

名はキュウリグサ(別名タビラコ)に似て水辺に生えることからついたもの。山地の渓流沿いなどの湿ったところに生える多年草で、高さ10-40cmになる。葉は楕円形で有毛。枝先の花序に直径3mmほどの白色~淡青紫色の花を密につける。花柄はごく短く、花は下から上に咲き上がる。道端や畑に生えるキュウリグサは、花が本種より小さいが、花柄は長さ3-9mmある。タチカメバソウは花は直径0.7-1cmと大きく、花柄も長さ1-1.5cm。
花期:5-6月
分布:本・四・九
撮影:2006.6.25 秋田県にかほ市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。