ムクロジ

ムクロジ(ムクロジ科)[無患子・木患子]

名はモクゲンジの漢名である木欒子が誤用されたものという。異説として種が黒いので実黒地(みくろじ)からの転とも。別名ムクという。
暖地の丘陵~山地にややまれに生えるが、公園や神社に植栽されるので人家周辺にも多い。幹は直立して高さ15-25m、直径0.6-1mになる雌雄同株の落葉高木。
樹皮はやや黄味を帯びた灰褐色で平滑、古くなると不規則に剥がれ落ちる。
葉は互生し、長さ30-70cmの偶数羽状複葉。葉柄の基部は膨らむ。小葉は4-8対で長さ2-5mmの小葉柄があって少しずれて対生し、大きくずれるとほぼ互生となる。葉身は長さ7-18cm、幅2.5-5cmの狭長楕円形~広披針形で全縁、先は鋭くとがり基部は左右不同のくさび形。薄い革質で、無毛または両面脈上に微毛があり、表面は濃緑色、裏面は淡黄緑色で脈は細脈まで明瞭に隆起する。秋には鮮やかに黄葉する。
枝先に長さ20-30cmの円錐花序を出し、淡黄緑色で直径4-5mmの小さな花を多数つける。花序には雄花と雌花が混生する。萼片、花弁は4-5個。萼片は卵円形で縁毛がある。花弁は長卵形で縁と背面下部に毛がある。雄花は花弁より長い雄しべ8-10個が2輪に並び、花糸の下半部は有毛、外側に環状の花盤がある。雌花は短い雄しべがあり、雌しべは長さ約3mm、心皮は3個だが通常は1個だけが発達して果実となる。まれに2-3個稔ることもある。
果実は直径2-3cmの球形の核果で10-11月に熟す。基部に成熟しなかった心皮が盤状に残る。果皮は袋状で半透明のあめ色。中に直径約1cmの黒くて硬いほぼ球形の核がある。核はつやがなく、片側に穴が開いている。
果皮はサポニンを含むので、かつては石鹸の代用とされ、洗濯や先発に使われた。核は羽根つきの羽根の球や数珠に使われ、脂肪分が多いので炒って食用にした。
ハゼノキの葉に似ているが、ハゼノキは小葉がムクロジより小さい奇数羽状複葉。
花期:6-7月
分布:本(茨城、新潟県以南)・四・九・沖
撮影:2018.6.19 神奈川県藤沢市
ムクロジの花
花序に雄花と雌花が混生する。長い雄しべがあるのが雄花。突き出た1個の花柱があるのが咲き終わった雌花。 2018.6.19 神奈川県藤沢市

ムクロジの葉
小葉の基部は軸に左右不揃いにつく。本来は対生だがずれて互生となっている。 2018.6.19 神奈川県藤沢市

ムクロジの果実
若い果実。果実の中に黒い核が入っている。 2018.10.9 神奈川県藤沢市

ムクロジの完熟した果実
樹上であめ色に熟した果実。 2019.1.22 神奈川県藤沢市

ムクロジの核
果皮が腐ると中の核が出てくる。 2019.1.22 神奈川県藤沢市

ムクロジの樹皮
樹皮は灰褐色で平滑。古くなると剥がれ落ちる。 2018.6.19 神奈川県藤沢市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。