ムサシアブミ

ムサシアブミ(サトイモ科)[武蔵鐙]

鐙(あぶみ)とは、馬に乗るときに足を掛ける金具のことで、武蔵の国で作られたものは鐙の端に刺鉄(さすが)をつける工夫がなされていた。この刺鉄が仏炎苞の先端の突起に似ており、そこで仏炎苞全体の形を「武蔵鐙」にたとえたものといわれる。
海に近い湿った林内や谷沿いに生え、高さ30-60cmになる雌雄異株の多年草。球茎から地下走出枝は出さない。
球茎から葉柄より短い偽茎が伸び、そこから葉柄と花柄を出す。葉柄は長さ15-30cmあり、葉はほぼ同大に2個つき、光沢のある3小葉からなる複葉。小葉柄はなく、小葉は長さ15-30cmの菱状広卵形で全縁、先は尾状に伸び、多くは糸状になる。
葉柄の間から葉柄より短い花柄を出し、仏炎苞に包まれた白色の肉穂をつける。胚珠は3-4個。仏炎苞は暗紫色~白緑色で白く細い隆起する縦筋があり、舷部が袋状に盛り上がり、縁が巻き込んでさらに耳状に張り出し、先端は前方に突き出し、全体として鐙状になる。付属体は白色、棒状で長さ4-9cm、円頭で基部に柄がある。
果実は卵球形の液果で熟すと朱赤色となり、種子はほぼ球形。
なお、写真のものは植物園などで植栽されていたものではないが、西日本では珍しくない本種も関東ではきわめて少なく、植栽由来と思われる。
花期:3-5月
分布:本(関東以西)・四・九・沖
撮影:2018.4.9 横浜市戸塚区

葉は2個。4個に見えるが後方の2個は別株の葉。 2007.5.5 東京都西部

ムサシアブミの葉
葉は3小葉からなり、つやがある。 2018.4.9 横浜市戸塚区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。