ムサシノワスレグサ

ムサシノワスレグサ(ススキノキ科)[武蔵野忘れ草]

ムサシノキスゲともいう。
丘陵地の林下に生える多年草。自生地は市街地に隣接した府中市の浅間山公園のみで、現在良好に管理・保護されている。地元では統一してムサシノキスゲとよんでいるようだ。
ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)の一型で平地に馴化したものとも、ユウスゲとノカンゾウの雑種ともいわれる。結実しないところをみると雑種と考えるほうが納得がいく。
ゼンテイカよりも乾いた土地に生え、小型で花期は4月下旬~5月と早い。葉が細く、花被片も細い。花には芳香があり、開花日の翌日閉花といわれる。結実しない。
花期:4-5月
分布:東京都
撮影:2006.5.5 東京都府中市

ノカンゾウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。