ナガバジャノヒゲ

ナガバジャノヒゲ(キジカクシ科)[長葉蛇の髭]

ジャノヒゲに比べ葉が長いことからこの名がある。
山野の林内に生える常緑の多年草でジャノヒゲの変種。根茎はよく分枝してふつう匐枝を出さない。
葉は全て根生して花茎よりはるかに長く、長さ30-55cm、幅2-3mmの線形で硬く光沢があり、こんもりと茂る。
葉の間から高さ10-20cmの花茎を出し、淡紫色の花をつける。花柄は0.5-1cmと長い。
ジャノヒゲと同様に花後に胚珠が膨らんで子房の壁を破り、初め緑色のちにコバルトブルーになって直径6-8mmの球形の種子をつける。
花期:6-7月
分布:本(関東地方以西)・四・九
撮影:2016.7.1 神奈川県逗子市

2016.7.1 神奈川県逗子市

ジャノヒゲに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。