ナガバノスミレサイシン

ナガバノスミレサイシン(スミレ科)[長葉の菫細辛]

明るく湿った山地の林下などに生えるスミレで、花茎は高さ12cmほどになる。葉は花時には完全に展開していないことが多く、狭卵形でスミレサイシンに比べ明らかに細長いが、スミレサイシンのように葉先が急にとがることはない。無茎性で花は淡紫色~白色。スミレサイシンよりも色は淡い。白花品種はシロバナナガバノスミレサイシンという。
花期:3-5月
分布:本(福島県以西)・四
撮影:2006.3.29 東京都八王子市

スミレサイシンに戻る シロバナナガバノスミレサイシンに戻る アケボノスミレに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。