ナヨクサフジ

ナヨクサフジ(マメ科)[嫋草藤]

緑肥や飼料として用いられていたものが野生化したもので、昭和18年に熊本県の天草で見つかったものに命名され、茎がクサフジより細く弱々しく見えることからこの名がついた。
ヨーロッパ原産のつる性の1~2年草で、日当たりのよい荒れ地や河川敷、畑などで普通に見られる。茎は細くて硬く、よく分枝して他物に絡みつき、長さ0.6-2mになる。茎は縦筋があり、無毛または伏毛がまばらにつく。
葉は互生し、狭楕円形の偶数羽状複葉で10対ほどの小葉からなり、先は3-5岐の巻きひげになる。小葉は長さ1.5-3cmでほぼ無毛。托葉はしばしば基部の片側に1個の突起がある。
葉腋から長さ5-20cmの総状花序を出し、一方に偏って10-30個の花をつけ、基部から咲いていく。花は紫色で長さ1-1.5cmの蝶形花。旗弁の爪部(筒になった部分)は舷部(立ち上がった部分)のほぼ2倍長。竜骨弁(舟弁)は初め帯紫色だがしだいに白色に変化する。萼はほぼ無毛。花柄は萼の後端からずれて腹面につくので、萼筒の後端は後方に突き出る。萼裂片は長短不同で、最下の裂片も萼筒部より短い。
果実は長さ2-4cm、幅0.7-1cmの扁平な楕円形の豆果で無毛、2-7種子を入れる。
ときに白花のものも見られ、シロバナナヨクサフジという。よく似ていて全体に細毛が多いものをビロードクサフジといい、ナヨクサフジとともにヘアリーベッチの名で栽培され、緑肥、飼料のほか、法面緑化にも使われる。
在来のクサフジツルフジバカマもよく似ているが、これらは多年草で、舷部(旗弁の立った部分)と爪部(筒になった部分)はほぼ同長。花柄は萼筒の後端につくことで区別できる。
花期:5-9月
分布:帰化植物
撮影:2019.5.7 川崎市麻生区
ナヨクサフジ-2
2019.5.28 神奈川県小田原市

ナヨクサフジの花
旗弁立ち上がった部分は筒となる部分の1/2長。 2019.5.7 川崎市多摩区

ナヨクサフジの花柄
花柄は萼の後端からずれて腹面につく。 2019.5.7 川崎市多摩区

ナヨクサフジの葉
先は3-5個の巻きひげになる。 2019.5.28 神奈川県小田原市

クサフジに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。