ネジバナ

ネジバナ(ラン科)[捩花]

花序がらせん状にねじれているのでこの名があり、別名モジズリという。日当たりのよい芝地や草原に生え、高さ10-30cmになる多年草。芝生があれば必ずといっていいほど生えてくるもので、道路の中央分離帯でもよく見かける。ランとしては一番強健で雑草然としたものだろう。しかし、一つ一つの小さな花をよく見ると、立派にランの特徴を備えており、ルーペでのぞいたこの花の精緻な美しさは感動もの。花序のねじれの向きは一定しておらず、花は下から順に咲き上がる。花の色は鮮やかな赤紫色が普通で、まれに白花も見られる。
花期:5-8月
分布:日本全土
撮影:2000.7.23 青森県八戸市
ネジバナ-2
ネジバナの花序 2004.8.1 岩手県山形村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。