ネコハギ

ネコハギ(マメ科)[猫萩]

名は、イヌハギに対して全体に毛が多いことによってついたものという。
日当たりのよいやや乾いた山野の草地などに生える多年草で、茎は基部近くで枝分かれし、横に長くはって伸び、長さ0.3-1mになる。開出する軟毛がよく目立つ。
葉は互生し、3出複葉で小葉は長さ1-2cm、幅0.8-1.5cmの広楕円形~広卵形で両面に白い短毛が密生する。
花は葉腋に2-5個ずつつき、白色で長さ7-8mmの蝶形花。旗弁の中央下部に紅紫色の斑点が2個ある。萼は開出した軟毛が生え、深く5裂して裂片は長さ2.5-3mmの線形でとがる。上部の葉腋には閉鎖花が1-3個つく。
果実は長さ3-4mmの広倒卵形の節果で斜上する軟毛を密生し、熟しても裂開しない。節果といっても種子は1個。閉鎖花からできた節果は小さい。
花が紅紫色の品種をムラサキネコハギという。タチネコハギは茎がやや立ち上がり、小葉が長さ2-4cmあるものをいう。
ネコハギとメドハギの雑種と推定されるもをツルメドハギといい、両者の中間的な形質を持つ。
ハイメドハギは地をはうことは似ているが、葉は細く、旗弁の紫色の斑紋は大きく先端まで染まる。
花期:8-10月
分布:本・四・九
撮影:2010.9.26 秋田県能代市
ネコハギ-2
茎や葉(特に縁)に長い軟毛が生える。

イヌハギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。