ニガイチゴ

ニガイチゴ(バラ科)[苦苺]

果実は甘いが、小核をかじると苦いのでこの名がある。山野の日当たりのよい林縁や荒れ地に生える落葉低木で、高さ30-90cmになる。茎は無毛で細い刺が多い。葉は互生し、広卵形で3浅裂することが多い。両面無毛で、裏面は粉白色を帯びる。花は直径2-2.5cmで、花弁は細長く上向きに咲く。果実は1cmほどに集合果で赤熟する。別名ゴガツイチゴ
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2008.4.28 山梨県都留市
ニガイチゴの花
花弁は細い。葉が裂けないタイプ。 2013.5.12 仙台市太白区

ミヤマニガイチゴに戻る カジイチゴに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。