ニガイチゴ

ニガイチゴ(バラ科)[苦苺]

果実は甘いが、小核をかじると苦いのでこの名がある。別名ゴガツイチゴ(五月苺)という。別名は早いものは5月下旬に果実をつけるからと思われる。裸地にいち早く進出してくる先駆植物。
山野の日当たりのよい林縁や荒れ地に生える落葉低木で、茎は直立してよく開出した枝を出し、高さ30-90cmになる。枝は無毛、紫褐色で粉白を帯び、花をつける枝に細い刺が多い。根は長く横走し、ところどころで新苗をつくる。
葉は互生し、花をつけない枝の葉は大きく、長さ6-10cm、花をつける枝の葉は小さく、葉柄を含めて長さ2-5cm、葉身は広卵形で基部は切形~やや心形、縁に重鋸歯があり先は鈍くしばしば浅く3裂する。両面無毛で表面はやや光沢があり裏面は粉白色を帯びる。葉柄は長さ1-5cm、無毛で赤みを帯び、葉裏脈上とともに小さな刺がある。葉柄基部につく托葉は長さ3-6mmの線形。
前年枝の冬芽から伸びた短枝の先に1個、まれに2個上向きに直径2-2.5cmの白色の花つける。萼筒は無毛で半球形。萼片は5個で長さ4-6mmの卵状披針形~披針形で先は鋭くとがる。縁にときに小腺毛があり、縁と内面に密に白毛が生える。花弁は細長く縁が波打ち、長さ1-1.2cmの狭楕円形で平開する。内面基部に少し毛がある。花柄は細く無毛で長さ1.5-2.5cm、ときに小さな刺がある。雄しべは多数で花糸は無毛。雌しべも多数。子房上部と花柱の基部にやや密に毛がある。花柱は長さ約1mm。
果実は小核果が集まった直径1cmほどの球形の集合果(キイチゴ状果)で6-7月に赤熟し甘い。核は苦みがあり、長さ1-1.5mmで網目模様がある。
ミヤマニガイチゴはニガイチゴより花弁の幅が広く、葉は長卵形で葉先がとがり、普通3深裂する。
花期:4-5月
分布:本・四・九
撮影:2008.4.28 山梨県都留市
ニガイチゴの花
花弁は細い。花がつく枝の葉は小さく、裂けないものが多い。鋸歯も低い。
2013.5.12 仙台市太白区

ミヤマニガイチゴに戻る カジイチゴに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。