ニガクサ

ニガクサ(ソソ科)[苦草]

牧野日本植物図鑑には「和名ハ苦草ノ意ナレドモ、本品ノ莖葉ハ苦カラズ。」と書いているのみでこれについての考察はなく、名の由来はわかっていない。
山野のやや湿った半日陰に生える多年草。茎は断面が4角形でほぼ無毛、ときに下向きの細毛があって高さ30-70cmになる。地中に細長い走出枝を出して広がる。
葉は長さ1-2cmの柄があって対生し、ほぼ無毛で脈は表面でへこみ、長さ5-10cm、幅2-3.5cmの卵状長楕円形~広披針形で縁に不揃いの鋸歯があり先はとがる。
茎の先や上部の葉腋に基部から分枝した長さ3-10cmの総状花序を数本出し、淡紅色の花を多数つける。萼は長さ4mmの筒状で5歯があり、まばらに短毛があるが腺毛はない。上歯は先がややとがり、果時にも先がすぼまない。花冠は長さ1-1.2cmの2唇形。下唇は3裂して中央裂片が著しく大きくて舌状に張り出し、上唇は2裂し小さくて目立たず、下唇の側片についた小突起状。全体としては5裂した1唇形花に見える。雄しべは4個で上唇の裂け目から雌しべとともに上~前に長く突き出る。花時の萼にはしばしばカメムシの仲間であるヒゲブトグンバイが寄生してニガクサツボミフクレフシとよばれる虫癭ができる。
果実は萼筒に包まれた痩果状の4分果で、分果は長さ約1.5mmで網目模様がある。
よく似たツルニガクサは、萼に腺毛が密生する。テイネニガクサは茎がほぼ無毛で節にだけ開出毛がある。萼歯は全て鋭くとがる。エゾニガクサは茎や花序に開出した粗い毛が密生する。エゾニガクサに似て、開出毛が短く、葉の鋸歯が大きいものをイヌニガクサといい、東北地方にまれに生える。
花期:7-9月
分布:日本全土
撮影:2017.7.28 横浜市栄区
ニガクサの花
下唇中央裂片だけが著しく大きい。 2017.7.28 横浜市栄区

ニガクサの花序
花序や萼に腺毛はない。 2017.7.28 横浜市栄区

虫こぶのついたニガクサ
しばしばヒゲブトグンバイの寄生による虫癭ができる。
2017.7.28 横浜市栄区

ニガクサの葉
葉は脈がへこむ。 2017.7.28 横浜市栄区

ツルニガクサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。