ニシキミヤコグサ

ニシキミヤコグサ(マメ科)[錦都草]

ミヤコグサの品種で、花の色が開花後にしだいに朱赤色に変わるものをいう。
神奈川県の三浦半島では海岸部に広く見られるが、東北地方北部では長年歩いていても見かけたことは一度もない。おそらく北海道でもごくまれではないかと思う。
なお、ミヤコグサとの違いは花色の変化だけではないという情報もあるらしいが、詳細不明。
花期:4-6月
分布:本
撮影:2017.5.12 神奈川県三浦市
ニシキミヤコグサ-2
花の咲き始めは黄色だがしだいに朱赤色に変化する。 2017.5.12 神奈川県三浦市

ニシキミヤコグサの豆果
豆果も見たところミヤコグサと変わらないようだ。 2019.6.4 神奈川県三浦市

ミヤコグサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。