ノブキ

ノブキ(キク科)[野蕗]

葉がフキに似ているのでこの名がある。山地のやや湿った林下で普通に見られる多年草で、花茎は高さ0.5-1mになる。葉はフキよりもだいぶ小さく、3角状腎形で幅10-20cm、葉柄に翼がある。花は直径5mmほどで目立たない。花後に放射状に痩果をつくり、先端が粘るので、人や動物にくっついて運ばれる。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.8.27 青森県西目屋村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。