ノギラン

ノギラン(キンコウカ科)[芒蘭]

日当たりのよい山地の草原や岩礫地に生え、高さ20-50cmになる日本固有の多年草で、地下に短い根茎がある。
葉は全て根生し、らせん状に互生する。ショウジョウバカマとよく似てロゼット状に10数個あり、全縁でやや厚く光沢があり、長さ8-20cmの広線形~倒卵状披針形。
根生葉の中心から花茎を伸ばし、ときに分枝して穂状~総状の花序をつくり、長さ2-4mmの花柄の先に、直径1-1.2cmの緑色を帯びた淡黄褐色の花を横~上向きに咲かせる。苞は線形。花被片は6個あり、長さ6-8mmの線状披針形で平開~反曲し、基部は合着し花後も脱落しない。雄しべは6個で花被片より短く、花糸は無毛。雌しべは1個で、子房は3室、隔壁に蜜腺がある。柱頭は浅く3裂する。
果実は長楕円形の蒴果で、残った花被より短い。種子は長さ0.7mmほどの卵形で両端に尾はない。
よく似たネバリノギランは別属のソクシンラン属で、花序がねばつくこと、花がほとんど開かないことで区別できる。
屋久島の高地には小型のヤクシマノギランが生える。
旧分類体系では、ユリ科に含められていたが、APG体系で独立したキンコウカ科とされた。
花期:6-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2009.8.2 岩手県一関市
ノギラン-2

ネバリノギランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。