ノイバラ

ノイバラ(バラ科)[野茨]

名は、野に生えるイバラの意。イバラとは刺のある低木の総称。別名ノバラという。
山野でもっとも普通に見られる野生バラで、よく分枝してこんもりと茂り、高さ1-2mになる落葉低木。
日当たりのよい山野に生える。樹皮は黒紫色で枝は細くややつる状になり、かぎ状に曲がった刺が生える。
葉は互生し、長さ6-14cmの奇数羽状複葉。小葉は3-4対で質は薄くて柔らかく、長さ2-5cmの卵形~長楕円形で縁に鋭い鋸歯がある。頂小葉は側小葉よりわずかに大きい。表面は光沢がなくしわがあり、裏面は淡緑色で軟毛が生える。葉軸に短毛と小さな刺がある。葉柄は長さ1.5cm。托葉は櫛の歯状に裂け先端は腺になり、腺毛も混じり、葉柄と合着する。
枝先の円錐花序に、直径2-2.5cmで芳香のある白い花を多数つける。花弁は倒卵形で5個、先はくぼむ。雄しべは多数。雌しべは無毛、花柱は合着して柱状。萼筒は壺状で萼片は広披針形。萼、小花柄、花序の軸に軟毛と腺毛がある。
偽果は直径6-9mmの球形で、萼筒が肥大して液果状になったもの。秋に赤く熟し、頂部に萼片の落ちた跡が残る。中に長さ3-4mmの痩果を5-12個含む。
テリハノイバラには、茎が地上を長くはい、葉が厚くて光沢があり、両面とも無毛。花も大きい。
幹は園芸バラの接ぎ木の台木に使われ、花は香水の原料にされる。乾燥した果実は営実(えいじつ)といい、薬用として緩下、利尿に用いられる。
まれに花弁が淡紅色を帯びる品種があり、ウスアカノイバラとよばれている。
四国、九州にまれに生えるツクシイバラは葉が大きく、花も大きく淡紅色を帯びる。
花期:5-7月
分布:北(西南部)・本・四・九
撮影:2004.7.3 青森市
ノイバラの果実
花は多数密集して咲く。 2017.5.15 神奈川県横須賀市


ノイバラの果実(偽果)。 2005.11.6 青森市

ウスアカノイバラに戻る ハマナスに戻る アズマイバラに戻る テリハノイバラに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。