ノジスミレ

ノジスミレ(スミレ科)[野路菫]

日当たりのよい乾き気味の道端や野原に生える無茎性のスミレで、高さは5-10cm。地下茎は短く、太く長い帯白色の根を下ろす。全体に白く細かい毛が多い。
葉は根元から出て直立せずに平開し、長さ3-8cmの長楕円状披針形~3角状披針形。先はやや鈍頭で基部は浅い心形。縁はやや波打ち低い鋸歯がある。裏面はしばしば紫色を帯びる。葉柄は葉身より短く、長さ2-5cmで翼は狭い。果期の葉は長3角形で著しく大きくなり、基部の両側が巻き上がることも多く、柄も長くなる。
花は芳香があり、直径1.2-2cm、やや青味の強い濃紫色だが薄くかすれた感じがする。花弁は5個で長さ1-1.5cmで円く、縁が不規則に波打っているものが多い。側弁の基部は無毛。距は長さ4-7mmで細く、花弁と同色。萼片は広披針形。果実は蒴果。種子に種沈がつく。
白い花をつける品種をシロノジスミレといい、側弁に毛があるものをオトコノジスミレ、全草無毛のものをケナシノジスミレという。
スミレは葉柄に目立つ翼があって根元から多数立ち上がり、側弁に白毛がある。花期はノジスミレより遅れる。
花期:3-4月
分布:本(岩手・秋田県以南)・四・九
撮影:2006.3.15 東京都日野市
ノジスミレ-2
2017.3.18 横浜市中区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。