ノミノフスマ

ノミノフスマ(ナデシコ科)[蚤の衾]

名は小さな葉をノミの衾〈ふすま=ふとん〉にたとえたもの。
田畑の縁や道端に普通に生え、茎は株状で枝を分け高さ5-20cmになる無毛の1~2年草。この写真のものは耕起前の水田の中に生えていたもの。花の最盛期は春だが秋までぽつぽつと咲く。
葉は対生し柄がなく、淡緑色で無毛、長さ1-2cm、幅3-4mmの長楕円形~広披針形で縁は波状で先はとがる。中央に1脈がある。
花はハコベより大きく、直径1cmほどあり、数個が茎頂の集散花序につき花柄は1-1.5cm。花柄の基部に小さな苞がつく。花弁は白色で5個、長さ7mmで基部まで2深裂して10弁に見え、裂片は鈍頭、萼片より長い。雄しべは5-7個、花柱は3個。萼片は5個で長さ3-4mmの広披針形。花弁は萼片より長く、5弁だが基部まで2裂しているので10弁に見える。初夏以降に咲く花は、花弁が萼片より短くなったり花弁を欠くものがある。
果実は楕円形の蒴果。種子は褐色、長さ0.5-0.7mmの腎円形で鈍い突起がある。
母種でヨーロッパ原産のノミノコブスマが帰化しており、花弁が萼片より短い。
混同しやすいものにノミノツヅリがあるが、ノミノツヅリは花が直径5mmほどと小さく、花弁の先が切れ込まず、葉は広卵形。
花期:3-10月
分布:日本全土
撮影:2015.4.24 横浜市戸塚区

2017.4.4 横浜市戸塚区

ノミノツヅリに戻る オオヤマフスマに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。