ノシラン

ノシラン(キジカクシ科)[熨斗蘭]

名は、花茎が平たく翼のように張り出した姿を「熨斗」に、葉姿をランにたとえたもの。「のし」は祝い事に使う熨斗を指すのか、火熨斗で押さえつけたような形状を指すのかはよくわからない。
沿海地の林内に生える常緑の多年草で、花茎の高さ25-75cmになる。
根茎は短く、匐枝を欠く。
葉は根生し、長さ30-80cm、幅1-1.5cmの線形で先はとがり厚く光沢がある。葉縁下部に膜質の狭い翼が出ることがあり、葉縁上部に細鋸歯がある。
花茎は弓状に曲がり、幅4-8mmで著しく扁平な2稜形で狭い翼がある。花序は総状で長さ7-13cm、披針形の苞の腋に直径7mmほどの花が3-8個下向きにつく。花柄は長さ1-2.2cmで中部より上に関節がある。花被は白色~淡紫色、長さ5-7mmの卵状長楕円形で裂片は6個。雄しべは6個で花糸はごく短く、葯は長さ4-5mmの披針形。
果実は蒴果だが、果皮が破れて種子が露出して成熟し液果のように見える。種子は1花に1個でき、熟すと濃青色になり、長さ0.8-1.4cm、幅0.6-1cmの倒卵形。
ジャノヒゲオオバジャノヒゲと同属でよく栽培され、葉に白色や黄色の筋が入る品種がある。
花期:7-9月
分布:本(関東以西)・四・九・沖
撮影:2016.8.4 神奈川県横須賀市
ノシランの花
花は白色~淡紫色で直径7mmほど。 2016.8.4 神奈川県横須賀市

ノシランの種子
ノシランの色鮮やかな種子。果皮が破れ種子がむき出しになっている。花茎は倒れていることが多い。
2017.2.21 神奈川県横須賀市

オオバジャノヒゲに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。