オヘビイチゴ

オヘビイチゴ(バラ科)[雄蛇苺]

名はヘビイチゴより大柄なことから「雄」を冠したもの。
田畑のあぜなど少し湿ったところによく生えている多年草。根は浅く、茎の下部は地をはって節から根を下ろし、ヘビイチゴなどと違って上部は斜めに立ち上がり、高さ20-40cmになる。全体に白色の伏毛がある。
葉は少数が互生して少なく、掌状複葉で小葉は茎の下部で5個、上部で3個か1個、長さ1.5-5cm、幅0.6-2cmの狭長楕円形で鈍頭、裏面には脈上に伏毛がある。
茎の先の集散花序に直径0.8-1cmの黄色の花をやや多数つける。花期はヘビイチゴより遅い。萼は5深裂し、萼片は卵形で長さ約3mm。副萼片は5個で幅が狭い。花弁も5個で先はややくぼむ。雄しべは多数で葯は卵形。花床は円錐形で周囲に短毛があり、花後に膨らまないのでイチゴはできない。
果実は長さ約0.6mmの広卵形の痩果で無毛、茶褐色に熟し少し縦じわがある。
葉を乾燥したものは五葉草とか蛇含とよばれ、煎じて虫刺されやおできに用いる。
この仲間はどれも同じような花をつけるので迷いやすいが、キジムシロは羽状複葉、ミツバツチグリは3小葉なのに対し、オヘビイチゴは下部の葉が5個の掌状複葉という特徴を覚えておけば間違うことはない。
花期:5-6月
分布:本(秋田・岩手県以南)・四・九
撮影:2004.5.1 埼玉県吉見町

ミツバツチグリに戻る キジムシロに戻る ヘビイチゴに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。