オカタツナミソウ

オカタツナミソウ(シソ科)[丘立浪草]

名は、丘陵地に多いことからこの名がある。
区別のつけにくいタツナミソウの仲間の中で、オカタツナミソウは一番分かりやすい。背が高く、周りの草から頭一つ抜け出していて上部の葉はかなり大きい。また、歯ブラシのような花序ではなく、茎の先に少数の花をつけているのが大きな特徴で色も青味が強い。
丘陵地の林縁や明るい林内に生える多年草で、茎は直立し、高さ20-50cmになる。茎に下向きの縮毛が密に生える。
葉は長さ1-2cmの柄があって4-6対が対生し、茎の上部のものが大きく、長さ1.5-5cm、幅1-4cmの広卵形~3角状卵形で、基部は切形~やや心形、先は鈍形。縁に粗い鈍鋸歯がある。両面にやや密に毛があり、裏面には腺点がある。
茎の先では節間が短く、葉が接近してつく。その葉に接して短い花穂をつけ、淡紫色の唇形花をほぼ同じ高さにつける。花軸に開出毛と腺毛がある。花冠は長さ約2cmで筒部が基部で折れ曲がって長く立ち上がり、上唇はかぶと状で下唇とほぼ同長。下唇に紫色の斑点がある。花冠外面に密に毛がある。
分果は長さ約1.5mmで円錐状の突起が密にある。
タツナミソウは、葉が長さ1-2.5cmと小さい。茎の毛は開出。
コバノタツナミは葉がさらに小さく長さ1cmほどで、茎にビロード状の毛がある。
花期:5-6月
分布:本(関東以西)・四
撮影:2017.5.11 横浜市磯子区
オカタツナミソウ-2
2017.5.22 横浜市栄区

オカタツナミソウ-3
2017.5.11 横浜市磯子区

タツナミソウに戻る コバノタツナミに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。