オカトラノオ

オカトラノオ(サクラソウ科)[岡虎の尾]

日当たりのよい丘陵地や山の草原に生え、高さ0.5-1mになる多年草。名は花の先端が垂れ下がるように咲くのでこれを虎の尾に見立てたもの。茎は円柱形で茎の下部は赤みを帯びる。直径1cmほどで白い花冠が5裂した花を密集してつける。長い地下茎で殖える。よく似ていて湿地や田のあぜなどに生えるヌマトラノオは、花序が曲がらず直立することで区別できる。
花期:6-7月
分布:日本全土
撮影:2005.7.9 秋田県田沢湖町

ヌマトラノオに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。