オクウスギタンポポ

オクウスギタンポポ(キク科)[奧薄黄蒲公英]

別名ナンブシロタンポポという。
草地や林縁に生える多年草で花茎の高さ30cmほどになる。タンポポの仲間で花が白~淡黄色のものは、在来種ではシロバナタンポポ、キビシロタンポポのほか、東北にあるものはオクウスギタンポポとよばれている。他の白系タンポポと同じく倍数体であるため、単為生殖を行う。本種は5倍体。
頭花は直径4-6cm、シロバナタンポポに似ているが、頭花の中心の黄色の部分は広い。総苞外片は広卵形で反り返らず、内片の1/2~2/3。角状突起は通常極小でほとんど目立たない。
花期:4-5月
分布:本(東北南部)
撮影:2004.5.9 仙台市太白区
オクウスギタンポポ-2
シロバナタンポポに似て舌状花の背面に灰色の帯があるが、総苞外片の角状突起は目立たない。

シロバナタンポポに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。