オミナエシ

オミナエシ(スイカズラ科)[女郎花]

秋の七草の一つ。日本人は、はかなげなこの花をことのほか好きなようで、万葉の昔から短歌や俳句に多く詠まれてきた。
「女郎花」の字は、この細くはかなげに草原に立つ風情から使われるようになったといい、「オミナエシ」の名は、一説には黄色い花を粟飯(あわめし)に見立てた「おみなめし」(女飯=昔は白米は男が、女は粟飯を食したから粟飯をおみなめしというとされる。)に由来するといわれるが、異説もある。
日当たりのよい山野の草地に生える多年草。茎は硬く、下部に多少粗い毛があり、直立して0.6-1mになる。地下茎は横にはい、株のそばに新苗をつくって殖える。
葉は対生し、長さ3-15cm、頭大羽状に深~全裂する。裂片はオトコエシより細く、広披針形で先はとがり、粗い鋸歯がある。毛はオトコエシより少ない。托葉はない。
茎の上部が対生に分枝した集散花序に多数の黄色い小花をつける。花序の上部はほぼ平らで、枝の片側に突起状の白い短毛がある。花冠は直径3-4mmで5裂し、裂片は平開して先は円い。雄しべは4個で葯は2室。子房は3室でうち1室だけ結実する。花柱は1個で分裂しない。
果実は長さ3-4mmのやや扁平な長楕円形の痩果。腹面に1脈があり、翼状の小苞はない。
オミナエシや近縁で花が白いオトコエシの花は、醤油の腐ったような独特の悪臭があり、また、活けた水にも悪臭が残ることから漢名を敗醤(はいしょう)という。両種とも根は薬用として解熱や消炎などに利用される。
海岸型のハマオミナエシは、丈が低くて葉は厚く、表面に光沢がある。
花期:8-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2006.8.19 岩手県葛巻町
オミナエシ-2
葉は頭大羽状複葉で裂片は細長い。 2004.8.1 岩手県葛巻町

オトコエシに戻る ハクサンオミナエシに戻る ススキに戻る キオンに戻る

カノコソウに戻る ツルカノコソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。