オニルリソウ

オニルリソウ(ムラサキ科)[鬼瑠璃草]

名は花が瑠璃色で草体が大きいことから。山地の草地に生える2年草で、茎は上部でよく分枝して高さ0.6-1.2mになる。全体に粗い開出毛が生える。葉は互生し、長楕円状披針形で先はとがる。枝先にさそり状花序を出し、直径3mmほどで淡青色の花をまばらにつける。
花期:6-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.7.23 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。