オニシバ

オニシバ(イネ科)[鬼芝]

名は、シバに似て大きく硬いことからついたもの。
海岸の砂地に生える多年草で、細い針金状の長い地下茎が砂の中をはい、節々から高さ5-20cmの花茎を直立する。
葉は2列につき、長さ3-5cm、幅2-4mmで硬く、葉鞘口部に長毛がある。葉は乾くと内側に巻いて刺状になる。
花序は長さ3-4cm、幅6-8mmの円柱状で一番上の葉鞘に一部が被われている。小穂は有柄で硬く、長さ6-8mm、幅2mmの長楕円形で1個の小花からなり、左右から扁平。第2包穎と護穎のみからなり、第1包穎と内穎はない。第2包穎は革質で強く内折して長楕円形となり光沢がある。護穎(外花穎)は膜質で小型、不明の3脈がある。
花期:6-8月
分布:日本全土
撮影:2005.9.10 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。