オオアマナ

オオアマナ(キジカクシ科)[大甘菜]

名はアマナに似ていて大きいことからついたものだが、「菜」とついていてもアマナと異なり有毒。
明治時代末期に渡来したヨーロッパ原産の多年草で、観賞用に栽培されているものが逸出してしばしば野生化している。現在でも属名のオーニソガラムの名でいくつかの園芸品種が栽培されている。地下に長さ1.5-2.5cm、直径2-3cmの鱗茎がある。
鱗茎から深緑色で細い長さ30cmほどの線形の葉を8個前後根生する。葉は初冬に展開して越冬し開花後に枯れる。
高さ10-30cmの花茎の先に、直径3cmの白い花を10-20個穂状につけ、花は日が差すと開き、陰ると閉じる。花茎の基部に膜質の苞がある。花被片は6個で平開し、上面は白色で下面は淡緑色で白色の縁取りがある。雄しべは6個、葯は黄色で花糸は基部に向かって広くなる3角形。
果実は胞背裂開する蒴果で等間隔に6稜が走る。
なお、酷似してホソバオオアマナとよばれているものは、一つの花茎につく花が、通常は6-10個程度とまばらであり、花の直径は4cm程度、蒴果の稜は2稜ずつ近接してそれが3組ある。葉は線形でオオアマナより幅が広い傾向があるというが、生育環境等により変化があり、決定的な相違点とはいえないようだ。詳細に観察した方によると、鱗茎の分球の仕方に違いがあるらしい。
花期:4-5月
分布:帰化植物
撮影:2008.4.27 東京都練馬区
オオアマナ-2
花被片は6個。外面は緑色で白色の縁取りがある。 2008.4.27 東京都練馬区

アマナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。