オオアワダチソウ

オオアワダチソウ(キク科)[大泡立草]

北アメリカ原産の多年草で、明治時代に観賞用として輸入され植えられたものが野に逃げ出して広がった。
高さ0.5-1.5mになり、やや湿ったところに生える。花序の先端部が横に曲がるのが特徴。よく似たセイタカアワダチソウと異なり、大群落をつくることはない。セイタカアワダチソウは、花序の先端が曲がらず、きれいな円錐花序となるので区別できる。また花期も10-11月で、オオアワダチソウと重なることはないので、間違えることはないだろう。
花期:7-9月
分布:帰化植物
撮影:2010.8.28 岩手県八幡平市

セイタカアワダチソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。