オオバジャノヒゲ

オオバジャノヒゲ(キジカクシ科)[大葉蛇の髭]

名は、ジャノヒゲに似て、葉の幅が広く長いことからついたもの。
山野の林内に生える常緑の多年草で、高さ15-30cmになる。
長い匐枝で殖え、ひげ根はところどころで紡錘状に膨れる。
葉は長さ15-30cm、幅4-7mmの線形で縁はざらつき、よく似たジャノヒゲより幅が広く厚みがある。鋸歯は不明瞭。
葉の間から葉よりも高い長さ15-30cmの上部で湾曲した花茎を出し、直径0.7-1cmの淡紫色~白色の花を総状に偏って下向きにつける。花被片は6個。
果皮は早く落ち、液果のように見える種子は直径8-9mmの球形で灰緑黒色。子房は3室で各2個の胚珠があり、種子は1花に1-6個つく。
よく似たジャノヒゲは葉の幅が狭く、2-3mm。
ノシランも同属で、葉の長さが30-80cmになり、花序も大きい。
花期:6-7月
分布:本・四・九
撮影:2016.6.6 神奈川県逗子市
オオバジャノヒゲ-2
花被片は6個で淡紫色~白色。 2017.6.19 神奈川県鎌倉市

ジャノヒゲに戻る ノシランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。