オオバクロモジ

オオバクロモジ(クスノキ科)[大葉黒文字]

名は、クロモジに似て葉が大きいことからついたもの。
山地の落葉樹林下に生え、高さ3-5mになる雌雄異株の落葉低木。
幹や枝が緑色を帯びていて黒い斑点があり、これを文字に見立ててこの名がある。早春の花の少ない山ではかなり目立つ存在。
葉は枝先に集まって互生してクロモジに比べると大きく、長さ8-13cmの卵状長楕円形~狭長楕円形で全縁、先は鈍くとがる。表面は無毛で、裏面は主脈にそって淡黄色の軟毛がある。秋に黄葉する。
葉の展開と同時に小枝の節に散形花序を出して、やや透き通った淡黄緑色の花を多数つける(雄花序、雌花序)。花被片は6個で花後に脱落する。雄花は雄しべが9個、雌花は仮雄しべが9個と6個の腺体に囲まれた雌しべが1個ある。
秋に直径5-6mmの球形の液果をつける。種子は1個で球形。
材は香りがいいので、削って高級な楊枝に加工される。
クロモジは岩手県の太平洋側~九州北部に分布し、オオバクロモジより全体に小型で葉の長さは5-10cm。葉の大きさ以外はほぼ同じで、葉の大きさは変化がありどちらとも決めかねる株も多い。
花期:3-5月
分布:北(渡島半島)・本(主として日本海側)
撮影:2003.4.29 青森県十和田市
オオバクロモジ-2
オオバクロモジの雌花序 2008.4.20 秋田県八峰町

クロモジに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。