オオバナノミミナグサ

オオバナノミミナグサ(ナデシコ科)[大花の耳菜草]

ミミナグサに似て花が大きいことからこの名がある。オオバナミミナグサともいわれるが、こちらの名前のほうが普通に使われているようだ。
海岸の礫地や岩上に生え、茎は株状で下部は斜上して上部で直立し、高さ20-60cmになる多年草。茎に開出毛と腺毛が混生する。
葉は対生し無柄で長さ1-5cm、幅0.3-2cmの卵形~長楕円状披針形で先はややとがる。
茎の先にまばらな集散花序を出し、直径2-2.5cmの白色の花を多数つける。小花柄は長さ1-5cm。萼片は5個で腺毛が多く、長さ6-8mmの長楕円形。花弁は5個、長さ1-1.2cmの倒卵形で先が2中裂する。雄しべは10個、花柱は5個
果実は長さ1.2-1.5cmの円柱形の蒴果で下向きに熟し10裂する。種子は直径1-1.2mmの円形でいぼ状突起がある。
ミミナグサは花弁と萼片がほぼ同長であるが、こちらは花弁が萼片の1.5-2.5倍の長さがあり、かなり目立つ。
花期:6-8月
分布:北・本(北部)・九(北部)
撮影:2004.6.13 青森県三厩村
オオバナノミミナグサ-2
2011.5.28 青森県中泊町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。