オオダイコンソウ

オオダイコンソウ(バラ科)[大大根草]

名はダイコンソウに似て大型であることによる。
山地や海岸の草地に生える多年草で、茎は直立して上部で分枝し、高さ0.6-1mになる。全体に粗く長い開出毛がある。
根生葉は有柄で長さ20-45cm、幅7-12cmの奇数羽状複葉。頂小葉は長さ5-10cmの菱状卵形で大きく、基部はくさび形~円形で先はとがり、縁に不揃いの粗い鋸歯がある。側小葉は2-5対で、ほかに小さな小葉片がつく。茎葉は3小葉からなり、小葉は基部はくさび形で先がとがる。側小葉は狭く開いて斜上する。托葉は広く大きく、縁に粗い鋸歯がある。
花は枝の先に1個ずつつき、直径1.5-2cmで黄色。小花柄には密生する短毛と長い開出毛が生える。萼片は5個で下向きに反り返る。花弁は5個、雄しべ、心皮は多数で離生する。
果実は痩果が集まった長さ2-2.2cmの倒卵形の集合果。痩果は紡錘形で先はかぎ状に曲がって粗い毛がある。残存花柱に腺毛はない。
よく似たカラフトダイコンソウは茎に硬い剛毛があり、茎葉扇形で大きい。集合果は球形。
ダイコンソウは全体に小型で頂小葉の先が円く鋸歯も浅い。集合果は球形。
花期:6-9月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2002.5.26 青森県野辺地町
オオダイコンソウ-2
小葉の先はとがり、鋸歯は粗く不揃い。 2004.6.12 青森県木造町

ダイコンソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。