オオカワヂシャ

オオカワヂシャ(オオバコ科)[大川萵苣]

湿地に生える2年生の帰化植物で、ヨーロッパ~アジア北部原産。オオカワヂサともいう。特定外来生物に指定されている。茎は直立し、高さ0.3-1mになる。葉は対生し、無柄で茎を抱き、長楕円形。縁に細かい鋸歯があるが少なく、全縁に見える。上部の葉腋に総状花序を出し、直径5mmほどの淡紫色の花を多数つける。在来のカワヂシャは、葉の縁に細かい明瞭な鋸歯が多数あることで区別できる。カワヂシャとオオカワヂシャの中間的な形態を示す両種の雑種も見つかっており、ホナガカワヂシャとよばれている。
花期:4-9月
分布:帰化植物
撮影:2005.7.2 青森県八戸市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。