オオキバナカタバミ

オオキバナカタバミ(カタバミ科)[大黄花傍喰]

明治時代中ごろに観賞用として移入され、逸出して道端に群生している多年生の帰化植物。今でもよく栽培されている。原産地は南アフリカ。別名キイロハナカタバミという。
鱗茎は紡錘形で先端から根が地中深く伸び、株元に長さ5-8mmの長卵形の小鱗茎を多数つけて殖える。
葉は全て根生するか地上をはう走出枝の先に叢生する。葉柄は長さ3-12cm、基部に膜状の托葉がある。小葉は3個、長さ1-2cmの心臓形で、表面は無毛でわずかに光沢があって普通紫褐色の斑点があり、裏面に白い軟毛が生える。
長さ20-30cmの花茎の先端に長さ1.5-2cmの花柄を1-10本出し、直径2-4cmの黄色い花をつける。花柄には腺毛がある。花弁は5個、長さ1.5-2cm、幅1-1.2cmの倒卵形で基部に筋状の脈がある。萼片は5個、長さ5-8mm、幅2-3mmの披針形で淡緑色、腺毛が生える。雄しべは10個で5個ずつ2輪に並び、外側の5個は短く内側の5個が長く花弁と対生する。葯は橙黄色。雌しべは1個で子房はまばらな毛があり花柱は5個、基部で急に外側に曲がり、淡緑色の柱頭を花糸の間から突き出す。
果実は蒴果。
花期:2-5月
分布:帰化植物
撮影:2010.3.12 東京都文京区
オオキバナカタバミの花
オオキバナカタバミの花。地上茎のないカタバミでは唯一黄色なので、花期の区別は容易。 2017.2.16 横浜市中区

オオキバナカタバミの葉
オオキバナカタバミの葉。紫色の斑点があるので花期以外でも他のタカバミと区別できる。 2015.4.16 横浜市中区


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。