オオキンケイギク

オオキンケイギク(キク科)[大金鶏菊]

北アメリカ原産の多年草で高さ30-70cmになる。
明治の中ごろに渡来し観賞用に植えられていたものが野に逃げ出したもので、乾燥気味のやせ地を好み、高速道路の法面に播種されたりしたので瞬く間に全国に広がった。
外来生物法による特定外来生物指定種であり、原則栽培や生きたままの運搬が禁止されている植物。海岸や河川敷などに大群落をつくっている。コスモスのような姿で花の色が鮮やかな橙黄色なので一度見たら忘れることはないだろう。
葉は対生し一部が互生する。根生葉は花時にも残り、長い柄がある3-5小葉からなり両面に粗毛が生える。小葉はへら状。茎葉は狭倒披針形。
頭花は直径5-7cmで総苞片は2列、外片は草質で8-10個が開出し内片は膜質。筒状花も舌状花も橙黄色で、舌状花の先は不規則に4-5裂する。
果実は黒く扁平な楕円形の痩果で、周りに薄い半透明の翼がある。
キバナコスモスとよく似ているので誤って栽培したりしないようにしなければならない。キバナコスモスは初秋に開花し、舌状花の先の切れ込みは少ない。何よりも葉が細かく切れ込むことで明確に区別できる。
同属のキンケイギクは筒状花が紫褐色であることで区別する。
花期:5-7月
分布:帰化植物
撮影:2002.6.16 青森県名川町
オオキンケイギクの花
2016.6.17 神奈川県横須賀市

オオキンケイギクの葉
オオキンケイギクの根生葉(花期) 2016.6.17 神奈川県横須賀市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。