オオバナノセンダングサ

オオバナノセンダングサ(キク科)[大花の栴檀草]

別名タチアワユキセンダングサオオバナセンダングサという。
北アメリカ原産の栽培品が逸出したもので1963年に高知市の道端で初めて採集され、その後西南日本(特に沖縄県)に広がっている1年草。まだ少ないながら関東地方にも現れ始めているようだ。生態系被害防止外来種リスト掲載種。
コシロノセンダングサとよく似ているが、頭花が大きく、直径3cmに達し、白色の舌状花も円くて大きく、長さ1.5cm以上になる。
なお、この仲間は別名を含む和名や学名、分類の基準に混乱があってきわめて難解だが、分かりやすく整理したものがネットで閲覧できるのでここに紹介する。
→ ( http://syokubutukensaku.o.oo7.jp/wameikonran004.html )
花期:3-11月
分布:帰化植物
撮影:2018.10.18 横浜市金沢区

2018.10.18 横浜市金沢区


葉は3-5個の複葉となる。 2018.10.18 横浜市金沢区

コセンダングサに戻る コシロノセンダングサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。